熱中症になったら

もし熱中症かな?という症状があったら、すぐに応急処置をして、症状がひどい時は医療機関を受診しましょう。

CHECK1  熱中症を疑う症状があるか?

めまい、ふらつき、筋肉痛、しびれ、こむら返り、大量の汗、頭痛、不快感、倦怠感、吐き気、嘔吐、高体温等。

上記症状があったら

①涼しい場所に移動 クーラーのきいた部屋、風通しの良い木陰に移動しましょう。まずは身体の外側からの熱を遮断しましょう。

②衣服を緩める  風通しを良くし、楽な状態にする。ベルトやネクタイなど締め付けるものは外す。

③体を冷やす 氷や保冷材などを使って、首の両側、わきの下、足の付け根などを冷やす。濡れタオルで体をふきうちわなどで扇ぐのも効果的です。冷感シートや冷感スプレーなどは、冷たく感じるのが主な成分なので、冷却効果はあまり望めません。

④水分塩分補給 既に熱中症になっている場合は、水やお茶ではなく、スポーツドリンクや経口補水液を飲ませましょう。嘔吐または意識障害で飲めない時は無理に飲ませず、すぐに医療機関を受診しましょう。

CHECK2 意識がない、異常な高熱、呼吸困難の場合は救急車を呼びましょう。水分を自身で取れない、症状が全く良くならない時はすぐに医療機関を受診しましょう。

熱中症って何?

熱中症ってそもそも何なんでしょう?

熱中症とは、高温多湿な環境においての身体が適応出来ないことによっておこる症状の総称です。

以下の症状が見られたら、熱中症になっている可能性があります。

①めまい、立ち眩み、一時的に意識が遠のく、顔面蒼白

②筋肉痛、手足がつる。こむらがえり。しびれ。

③身体がだるい、力が入らない、吐き気、嘔吐、頭痛

④異常な汗。どんどん汗をかく、あるいは全く汗が出ない。

⑤異常な高体温。皮膚に触るととても熱かったり、赤く乾いている時も要注意。

⑥意識障害、言動が不自然、まっすぐに歩けない。

⑦水分補給が出来ない。ショック状態または意識障害のため自分で水分を取れない時は無理に飲ませると誤嚥の危険もあります。すぐに医療機関を受信しましょう。